忍者ブログ

ドケチ引き籠りOLの貯金録

五度FXのロスカットを乗り越え、社会人8年めで個人資産3400万円達成。サイテロ街道を邁進あるのみ。32歳4000万円を目指して今日も明日も明後日もストイックに貯金貯金!!=このブログはリンクフリーですお気に召すままにどうぞ=

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01

このブログもなんやかんやで続けて5年になりますが、諸々面倒くさくなる時もあります。
この先どうするか決めていませんが、コレだけは書かねば!とず~と思っていた事を書きます。

このブログの根源である、私の金銭観。長文要注意!

お金=命
金融商品からの収入がある資産家でない限り、大抵の人は正規非正規に関わらずどこかの企業で働いて給料を貰って生計を立てている。労働者は毎日長時間職場に拘束され、自分の時間、体力、気力(つまり生命)を切り売りしている。
得た金は自分の生命が形を変えたものに他ならない。
したがって、稼いだお金で買ったモノを浪費することは、自分の命を大事にしないことに等しい。

時給1,000円のOLが、750円のお弁当を買い、3分の2食べた時点で飽きたとする。
彼女がダイエット中だとか断捨離中だとか言って残り3分の1をアッサリゴミ箱へ捨てれば、
つまりは250円分、自分の生命を15分捨てたことになる。

私はドケチだが、他人にタカったり利用してまでケチろうとはしない。
上記の理由で、他人のお金は他人の命そのものだと思っているからだ。
だから詐欺や恐喝・強盗などの経済犯罪は殺人と同等だと思っているし、実際お金を奪われたために生活ができなくなったり住処を奪われ路頭に迷ったり自殺に追い込まれる被害者たちがいるのだから、そういう犯罪をした者は死刑にすべきだと思っている。
もしあなたの身の回りにあなたのお金をあてにしたりタカってきたりする人間がいるなら、そいつはあなたの命を少しずつ奪っているのに等しい。即刻縁を切るべし。

なんだか重くなってしまったが、身近に戻って考えてみてください。
なんの生産性も無いその酒やタバコ、ぼ~っと惰性で打ってるパチンコ、
なんとなくポチっているゲームの有料アイテム、今買おうとしている何か。
あなたの命を差し出すだけの価値がありますか?

お金=選択する自由
我々が生きているのは貨幣社会である。
共産主義か資本主義かは関係なく、貨幣の価値貯蔵機能、交換機能が働く社会である。
生活に必要なものはお金で買う必要がある。持っているお金以上の価格の物は買えない。
したがって選択できる物やできる事はお金によって制限される。

食べ物一つにしても9円しか持っていなければ10円の駄菓子すら買えない。
900円しか無ければ1000円のランチは食えない。
4万円しか無ければ5万円のバッグは買えない。
日々の生活から人生で大事なイベントでもお金の制約が付きまとう。

低所得家庭の子供は公立学校しか行けないし
(授業料免除で私立通える優秀な頭脳は少数だしたぶんこんなブログ読むまい)、
義務教育であっても授業料以外のお金が色々かかる。
お弁当持参すら厳しい家計もあれば、交通費や旅費が払えないがために遠足や修学旅行に行けない子供も世の中には居る。
大昔の私は大学受験で、裕福ではない家計を考えて国公立しか受けなかった。
初受験本番でパニクッて第一志望には落ちてしまい中途半端な学歴コンプレックスが残った。

ローンや借金の場合は将来の稼ぎの見込みで審査される。
低所得者に1億円の住宅ローンを貸してくれる銀行は無い。
あっても最初から抵当物件を差し押さえるつもりの悪徳銀行だろう。
(悪徳でないと言える銀行があるかどうかは知らないし論じないが)
高所得者が好んで狭い激安賃貸アパートに住むことはできるが、
低所得者が豪邸や高級マンションに住むことはできない。短期間はできても長続きしない。

結婚も金がかかる。結婚前後の儀式や手続き、新生活に様々な費用がかかる。
離婚も金がかかる。というより低所得の女性は夫が浮気男でもDV男でも離婚を選択できない。普通の男でも、調停や裁判で離婚が成立したところで実際に慰謝料や養育費を払ってもらえなかったり、延滞されたりして困窮する母子家庭は多い。
私自身思春期の頃、お金のことで喧嘩する両親とそれでも経済面から離婚を選べない母親を見て、絶対こうはなるまいと誓ったものだ。

◆お金で愛は買える
大方買えると考えている。

正規雇用と非正規雇用の男性の結婚率に明確な差があるのは統計に現れている。
直接通帳や札束を見せるのではない。
知人から友人、恋人、夫婦の各段階へ進むのにお金が関わってくる。
女性の好感度を上げるために清潔感や服装への出費が必要。
職場や取引先ではスイーツの差し入れなどが女性陣に喜ばれるが買うにはお金が必要。
(仕事はできて当たり前なので差はつかない。)
話を盛り上げるためにはさまざまな体験や情報を仕入れる必要があり、
デートには交通費飲食費イベント費用ホテル代などなど金がかかるかかる。
貧乏デートを楽しめる女性も気分しだいでは「たまにはワタシのために奮発してよ」などと思う生き物である。 女の言葉は額面通りに信用してはいけない。

結婚となったら結婚指輪結納結婚式住居家具家電自動車親族つきあいで遠方の交通費宿泊代お年玉、 出産となったらいくら行政から補助金が出るといっても一時的に立替る必要があるし出産前後の妻の収入は頼りにできない。
とにかく何から何まで金がかかるため、いまや結婚そのものが経済力ある男(女も)のぜいたく品である。

男は金銭問題と愛情を別だと考えても、女は愛があるなら私のために一所懸命稼いで当然だと思っているフシがある。

◆お金で命は買える
大方買えると考えている。

警備保障などセキュリティーが充実しているマンションは家賃も高い。
病気にかかったら薬代や病院代がかかる。健康保険があっても自己負担分がある。
とある例え話:病気でお腹を空かせている子供がいる。
いくら「愛してる」と言ったところで病気は治らないし、お腹も膨れない。
必要なのは食べ物を買うお金であり、薬を買ったり、病院へ診察に連れて行けるお金である。

医療保険や生命保険はすべての費用をカバーしないし、保険会社は払わずにすまそうとあの手この手でごねる。

海外で高価な臓器移植が必要として街頭やネットで○○ちゃんのためと称する寄付が多くある(詐欺多発)。
寄付した人は良いことした気になっているかもしれないが、大金を持った日本人が割り込んだことで本来手術を受ける予定だった外国の子供が後回しにされ命を落とすこともあり海外で批判されている。ドナー不足により闇社会に命を奪われる子供たちも居る。

介護だってお金がかかる。特別養護老人ホームはどこも一杯で老人の列で順番待ち。
ホームに入れるのが先か死ぬのが先か。
民営の施設は高価。金がなければホームレスか野垂れ死にです。
生活保護は世間の不正受給への批判から厳格化されるでしょう。

地獄の沙汰も金次第とは良く言ったものだ。

経済的余裕は精神的余裕につながる。
私の実体験を振り返ってもそうだ。大学までは親の脛を齧っている自覚が常に付きまとい、自分の存在があるから母親が離婚に踏み切れないと認識していた。
無力な自分に苛立ち、生きていること自体に罪悪感しか感じず、気持ちに余裕がなく常に対周囲ではツンツンとして毒を吐き、負の感情でいっぱいだった。
今は自立して生計を立て、順調に資産を積み上げている自分に自信や誇りを感じている。動植物を愛し、季節の移ろいや文化芸術を楽しめるようになった。
相変わらず他人とは距離を置いていはいるが、心穏やかに過ごせるようになってきた。

「衣食足りて礼節を知る」という言葉がある。食うのもままならない人に道徳を説いても無駄である。
連日のように報道される児童虐待の加害者は大抵無職だったり、土木やキャバ嬢など収入が不安定な職業に就いている。自分の不安や焦りを弱くて無力な子供に八つ当たりする。
「貧すれば鈍する」が語るように、生活に行き詰っている人ほど宝くじやギャンブルで一発逆転を狙おうとしてわずかなお金も失う。
期待値や胴元の儲けなど一切考えず自分に都合の良いことしか考えられなくなる
「金持ち喧嘩せず」
そもそも金持ちは貧困層が集まる場所には行かないのでトラブルに巻き込まれる確率が低いし、
気持ちの余裕があるから他人の心の機微を思いやる余裕もある。多少心無い非礼をされても受け流すことができる。

以上とりあえず思いつく限り長々とダラダラ書いたが、まとめると、
お金で多くの幸せは買えるし、多くの不幸を免れることもできる。

これが現時点での私の考えです。

今後色んな人と出会い、様々な経験をすることで考えが変わることもあるかもしれませんが、
それまではただ只管ストイックに、貯金に血道をあげようと思います。おしまい。










にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

PR

2013/10 牛乳が1リットルあたり10円値上げ
2013/11 ヤクルト5円/本 値上げ
2014/2 ルイ・ヴィトンが10% 値上げ
2014/7 ハーゲンダッツミニカップが容量減の実質8%値上げ

値上げラッシュですね~
ヴィトンは微塵も興味ないのでどーでもいいですが、
味覚がお子ちゃまな私にとって乳製品の値上げは痛いです。
また先日は業務スーパーに行ったのだが、
大好きな合鴨ロースが198円から248円に大幅値上げされていてたいそう衝撃を受けました。
1,000円で5個買えたのに4個しか買えなくなるとは・・・。


さて、今日の本題ですが、確定申告がひと段落しました。

去年は卵巣嚢腫の切除手術を受け医療費が10万円を超え、
またFX取引で40万円ちょい儲けたのでキッチリ申告しました。

確定申告をするのは人生初でしたが、国税庁やFX会社のサイトの解説、確定申告の体験を書いた親切なブログを読み漁り、なんとかできました。

あとは会社のプリンターで印刷して源泉徴収票とか領収書とかを同封して最寄の税務署に投函すれば完了♪

 

「え?たった40万円で申告すんの?小額だからバレないでしょw」とか、
「オレ一昨年FXで大儲けして去年申告サボったけど調査なんてされなかったぜw」とか思った人、

危ないですよ~(笑)

FXは今や取引所取引や店頭取引にかかわらず、国内のFX業者には支払調書の提出が義務化されていますのでデータはすべて把握されています。
FX以外の雑所得も、支払った企業側にとっては費用項目なので必ずバレます。

税法の時効は通常3年、悪質な脱税だと7年。
払わなかった税額に対して無申告加算税が5~20%(悪質と認定されたら40%に跳ねあが~る!)、延滞税が7.3~14.6%!
さらに「5年以下の懲役 」または「500万円以下の罰金」(両方併科有り)

国税や税務署職員は公務員の中でも特に優秀でとても賢い、しかも差し押さえの権限も持っている。国家財政が税収不足に悩む中、取れるものは絶対取りに来ます(費用対効果は考えるでしょうが)。証拠を確実に押さえ、地の果てへでも追ってきます。

我々金融業者が数bpsの利益を求めるのに動悸・息切れ・気つけに耐え、夜も寝つけず失明寸前までBloombergモニターを睨み付け、心身を病み血反吐を吐き血尿血便をたれ流し、阿鼻叫喚のマーケットで死屍累々となっている傍らで、

国税や税務署は国家権力を後ろ盾に、
うっかり八兵衛さんや国税をなめてる小悪党を2年くらい泳がせば、
10数%~30%超の利益を簡単に手にできるのです。
しかもデフォルトなし!摘発ノルマも達成!!国庫も潤う!!!

そんなバラ色な金融商品なんてこの世のどこにも見つかりません。素敵ですね~emoji

まーこれは一種の陰謀説みたいなもので真偽は国税にしかわかりませんが、
実際追徴された人の体験談もネット上にあるし、私の身辺にも「3年めに追徴された」という人が数人います。


「FX 確定申告 しなかったら」で検索してみてください。


国民の義務だからとか道徳心とかと関係なく、
長期的にみて、
 ○余計な罰金を払うことなく、
 ○調査にビクビクすることなく、
 ○呼び出されて仕事を休んで何度も税務署に足を運ぶことなく、

平穏な生活を送るためにも、「地の果てまで追ってくるなら宇宙まで逃げてやる」ってゆー気力と財力がある人以外は、確定申告すべき人はきっちりやりましょう!


FXで脱税と言えば、数年前に有名になった8億円主婦の池辺雪子さんがおりましたが、
(結局4億納税するハメになったんだっけ?)
巨額脱税で一躍有名になったことでFX本を続々と出版、セミナーにも引っ張りダコ、自分のサイトで有料会員を募るようになったみたいですね。
不確実トレードで頑張るよりは書籍やDVDの印税、セミナー講演料、会員からの会費のほうが安定した収入になるのでしょうね。
自分がトレードして金持ちになるより金持ちワナビーから授業料を広く巻き上げるのが簡単。

本当に継続して儲けられる投資家は絶対メディアに出ることはありません。
金のなる木や金の卵を産むガチョウは独り占めするものです。
しかも本名・顔バレなんて犯罪者やタカリを呼び込むようなものです。
税金だって節税してキッチリ払う。投資し続けられる環境が大事だからです。

そもそも彼女が儲かった2009年以前はミセスワタナベが高レバレッジをかければキャリートレードで簡単に大儲けできる相場環境でした。
実際Amazonで見てみれば、本の書評は良くないようですね。

でも彼女のファン(=彼女に貢ぐカモ)はこれからも出てくるでしょう。
相場に勝てるのは1割と言われています。
単純計算上彼女のファン100人のうち10人が勝ち組投資家になれるわけで、
その10人が彼女のおかげだと言いふらせば宣伝になりますから。

最初っから売名して安定収入を得るための脱税だったりして。邪推ですがw
執行猶予付きで収監されませんでしたからね。シャバでぬくぬくと。賢いですね。


さて、私の話に戻しますと、追加の納税額は7万円弱となり、イタイ出血出費になりました。
今日近所のスーパーに行ったら、チョコレートemoji全品2割引きという素敵なセールしてましたが、涙とヨダレを飲み込んで何も買わずに帰宅しました。
今後半年間は節約レジャーも趣味への出費も禁止、家財をヤフオクや古本屋古着屋でタタキ売りつつ、ゴミ捨て場で廃棄食材カスを漁って糊口を凌ごうと思います。

サイテロに精が出ますわウフフフフフ。










にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
tobuno0
性別:
女性
趣味:
貯金
自己紹介:
31歳独身OL。親中嫌韓反米無宗教。家が貧乏だったため幸せの沸点が低い。帝都の金融業者に勤務するも貧乏臭さは消えず、引き籠る毎日。が、引き籠ればド田舎でも首都圏でも関係なく貯金できますよ(笑)。




ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[12/04 ももか]
[12/01 柚]
[11/30 柚]
[11/20 とみー]
[11/02 ゆな]

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ドケチ引き籠りOLの貯金録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]