忍者ブログ

ドケチ引き籠りOLの貯金録

五度FXのロスカットを乗り越え、社会人8年めで個人資産3400万円達成。サイテロ街道を邁進あるのみ。32歳4000万円を目指して今日も明日も明後日もストイックに貯金貯金!!=このブログはリンクフリーですお気に召すままにどうぞ=

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
今日会社から帰る地下鉄の駅で、
後ろから「あっ」という声がして、

振り返ったら車椅子を押した、障害者っぽい人が困っていそうにしてた。

近寄ったら、ちょっと離れたところにある電光掲示板
地下鉄の行き先がよく見えないらしく、どこ行きですか?と聞かれた。

ゆっくり答えてあげると、ひらがな表とか載っている耳や口が不自由な人の
コミュニケーション用手帳を出されたので丁寧に指さして教えたら、

実はもう一つお願いが、とか言い出して、
「ボク、電車のお金が・・・」とか言い出して、震える指で

さっきの手帳の数字のページをめくり、

4 千 円 と差して要求してきた。

でも残念ながら財布の中の現金は1円玉が3枚しか入っていなかった(マジで)ので

「ごめんなさい、私お金持ってないんです。」

て言ったら、

言い終わらないうちに彼は
さっきの戸惑いっぷりから豹変して俊敏な足捌きでスタコラ去って行った。


電車に乗るくらいは付き添ってあげようと思っていた私は逆に拍子抜けした。

あとから考えれば考えるほどおかしく思えてきた。
・あの車椅子、同情を誘う道具だった?

・電光掲示板が見えなきゃ近づくなり駅員に聞けばよくね?

・電車のお金4千円て成田にでも行くんですか?

・ここ改札内なんですけど、無一文で入れた?

・障害者手帳で割引とかあるよね?

・飯代もせびっていたの?

・お金くれないと知ると即ターゲットを乗り換え?

あの人が本当に詐欺だったのかはわからない。

別に4千円くらいたいしたことないけど、
これが障害者の立場を悪用した寸借詐欺なら
裏社会の人が裏から操作している場合もある。
わずかなお金でもチリツモで大金となってヤクザどもの懐に入る。

私たちの善意が回りまわって私の平和な生活を壊す可能性もある

893が裏に居なくても
「バス代、電車代、電話代、、」とか言ってたかってくる老人が増えています。

「貸して」と言っても、返すことを期待するほどの金額じゃないし、たいてい返ってきません。
友人宅で「トイレ貸して」というのと同じです。

親切にもあげるほうは「100円くらいまあいっか~」と思うかもしれませんが、
1人100円でも10人成功すれば1000円、30人成功すれば3000円です。

人の親切心を利用して裏でほくそ笑んでいるとしたら、とても不愉快ですよね。

幸い電子マネーが発達しているので、「現金は持ってないんです」というのは簡単です。
そもそも、困っている人のために交番では交通費1000円まで貸してくれます。
近くの交番を案内して、行くのを渋ったら他の被害者を出さないためにも、
大声で「あなた詐欺師ですか!?」と叫びましょう。














にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
tobuno0
性別:
非公開
自己紹介:
30歳独身OL。親中嫌韓反米無宗教。家が貧乏だったため幸せの沸点が低い。帝都の金融業者に勤務するも貧乏臭さは消えず、引き籠る毎日。が、引き籠ればド田舎でも首都圏でも関係なく貯金できますよ(笑)。




ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[07/03 umajin]
[06/25 Spring]
[06/17 umajin]
[06/12 Spring]
[06/10 umajin]

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ドケチ引き籠りOLの貯金録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]