忍者ブログ

ドケチ引き籠りOLの貯金録

五度FXのロスカットを乗り越え、社会人8年めで個人資産3400万円達成。サイテロ街道を邁進あるのみ。32歳4000万円を目指して今日も明日も明後日もストイックに貯金貯金!!=このブログはリンクフリーですお気に召すままにどうぞ=

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
女A「ヒラマサいいよね~」
女B「カッコいいよね~」
私「美味しいよね~」
 女A女B「「はっ?」」
私「えっ?」
という寸劇をやらかしてしまって最近の人気ドラマの男性主人公の名を知りました。
家にテレビないし。寿司ネタしか頭になかったし。
つぅかキャッキャウフフと妄想してるけどてめぇらガッキーじゃねぇから鏡見ろ鏡っ!
との暴言をかろうじて喉元で止める。
月20万近く家政婦に払って、他に家賃や水道光熱費やらスマホやネットの通信料払ってオシャレな服着て素敵な北欧家具・インテリアにって超高給取りじゃないですかっ!(さっき設定を調べた)
所詮イイ女を囲えるのは金持ちという現実を直視させる社会派ドラマですね!100%賛同ですが!

今年の漢字も「金」だしね♪世の中カネだね☆
あ~あ、美味しいお寿司が食べたいな~ジュルリ。
(強制ロスカット後節制している)


ドラマはさておき現実では急ピッチでカジノ法案を通そうとする自民党が気持ち悪い。
日本ではギャンブル依存性の人が、控えめに見せたい政府統計でさえ成人人口の5%近くもいて、先進国の中では既に突出して高い。
治安の悪化は必至。いよいよ亡国への道を突き進むか。

そんな中流総崩れ二極化貧困者増の世の中に備えて、
私が普段から気を付けていることがある。
わざと貧乏に見られるように、服装に細心の注意を払っている。
というか新しい、綺麗な服を買わないだけのことですが。
容貌はもともと貧乏くさいので配慮は不要orz

先日ウザコメにて
「金は見せびらかしたくなる大儲けしたら嬉しくなって発信したくなるはずだ人間だものみつを」みたいな面倒な絡み方されたが、

リッチそうな身なりをして、お金があることをひけらかして良いことはほとんどない。
各種様々なセールス営業、寄付のお願い、宗教勧誘、
タカられたり、強請られたり、ひったくられたり、
後をつけられて住所を特定されて空き巣や強盗に入られたり、
身代金目的に誘拐されたり、最悪は殺害される可能性もある。

信者を絶えず増やす必要があるア〇ウェイやオプ〇イルじゃあるまいし。
投資系の広告なら札束の画像がある時点で怪しいと思ったほうがいい。
大事な種銭を口座外に出すなんざ非効率も甚だしい。愚の骨頂。

私はサービス業や小売業の職員の言葉を信じない。
スマイルゼロ円、賞賛の言葉も発するほうはほとんどコストがかからない。
その場かぎりの賛辞の言葉なんて空虚さと負債だけ残します。
貧乏人の恰好をしていると鬱陶しい接客をされることがなくなる。
冷たい態度をとられることも時としてあるが、
表面しか物事を判断できない人間を識別できたとむしろ喜びましょう。

先日Yahoo!ビューティーで「『もしや貧乏なんじゃ…』と思われてしまう身なり」という記事を見かけ、むしろ貧乏と思われたいふむふむどれどれとお気に入りに保存してたのに、
DeNAのパクリ記事問題が波及したのか消えていて頑張って検索して元ソースを見つけてきました。
コチラ
・履物がボロい
・髪の根元がプリン
・季節感無視の服装

以上に加えて、私の考えですが、

◆流行りは無視
センス無いから無駄。
シンプルに徹する。

◆穴が空いても着続ける。
気が向いたら趣味の手芸もかねて補修する。
アップリケなんか最高に安っぽいねっ!

かけはぎの技術を学びたいな~。

◆毛玉ができても着続ける。
毛玉があるだけで古臭さ満載。

気か向いたらハサミでチョキチョキお手入れする。

◆サイズ違いも着る
主に体のサイズより大きいものになるが。
重ね着できて暖かいし。

気が向いたら趣味の手芸もかねてサイズ直しする。
数年前に、リサイクルショップで買った平べったいコートを、
外側から掬い上げるように縫って、立体的なAラインコートに改造した。
生地はいいので重宝している。今日も職場に着ていった。

◆性別・年齢層無視
ボーイフレンドジーンズとかいう次元じゃない。
JKブランドやオバハン服を買うわけではないが、JKの頃に買った服はいまだに着ている。

ドケチは物持ちがいい。


今は職場では一応TPOをわきまえているが、
いつか専業トレーダーになったら、毎日パジャマかジャージでウロチョロしたい。

ファッション業界の人が読んだら発狂しそうだな~(ΦωΦ)フフフ…










にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村
PR

無題

こんばんは。
私も高校の時に買ったカットソーを、今も着てます。なので、主様のお洋服も少なくともあと10年はいけると思います。
服に関する考察、概ね同意いたしますが、
国際線の搭乗時だけは是非、貧相でない格好をしていただきたいです。
外国では万が一事故があったときなど、金持ちそうな人ほど救助が優先されるようなことがある、と聞いたことがあります。
とはいえ、金持ちそうだと盗難のリスクが上がるから、飛行機事故の可能性とどっちをとるかに
なりそうですが。
また、そんな状況になったら主様は生に執着され
ないような気も致しますが、読者としては、
貧相な格好だったがために主様の救助が後回しに
されたら嫌なので、コメントしてみました。
by コタツ蜜柑 2016/12/15(Thu)04:18:01 編集

Re:コタツ蜜柑さんて美味しそうなお名前ですよね

>こんばんは。コタツ蜜柑さんも物持ちいいですね~私もあと10年はもたせたいけどさすがにキャラものは卒業すべきかなと悩みます。
>国際線の万が一事故時は金持ちそうな人優先
初耳ですが、あり得る話ですね~人の命は平等じゃないのが現実ですね~。
私は大きな乗り物の事故に巻き込まれて死ぬ手相が出ているので、
なるべく飛行機には乗りませんが、外国への出張等があるならたぶん相応の恰好をするとは思います。ご心配ありがとうございます。
話変わりますがファーストクラスに貧乏ルックで乗ったらどんな対応されるのかと急に疑問持ちました。
2016/12/16 21:39

毛玉は取ったらいけません??

実家の母「毛玉を取ると生地が薄くなるから取ってはいけない」とのことで、私は布地の毛玉は取った試しがありません。
ビンボくさく、付けたままです。

もっとも、毛玉が付くような生地の厚い服装は、私のような肥満体には似合わないので・・・手持ちのニットはほとんど処分した、という事情もあります。
by はち 2016/12/15(Thu)23:07:52 編集

Re:✕引きちぎる〇そっと切る

>毛玉は周辺の繊維が摩擦で丸まったものなので、できた時点で生地が薄くなっているんじゃなかろうかと。毛玉を切って厚さを均一にしていると思っています。
なお引きちぎるのは生地が傷むので、面倒でも爪でそっとつまんでからハサミで切ります。
>私はむしろ肥満体を誤魔化すためにニットを着ている節があります。
2016/12/16 21:45

たまたまですが経験あります

貧乏ルック(バックパッカーのような格好)で、米系エアラインでハワイからファーストクラスにのったことあります。
オーバーブッキングでファーストクラスにまわされました。
搭乗口でチケット見せたら上から下まで一瞥したあと、怪訝な顔をされましたが、
機内では、特に冷たくあしらわれるようなことはありませんでした。
ハワイ帰りということでラフな格好の人が多かったですが、みんな手荷物は少なくて
スマートな感じでした。エコノミーの列で使い倒したスーツケースや
両手いっぱい荷物や土産袋をかかえる人々を見慣れているので、ちょっとびっくりしました。
空港では、服装より荷物にその人の状況が出る気がします。
by コタツ蜜柑 2016/12/17(Sat)01:03:41 編集

Re:おお~体験談ありがとうございます。

>オーバーブッキングでファーストクラスなんてラッキーでしたね。
冷たくあしらわれることがなくてよかった!
>ラフな格好&手荷物は少なく
という点が気になりました。ファーストクラスに乗るほど金銭的に豊かになると物質的にはシンプル方向にいくのでしょうかね~
私もそうなりたいけれど貧乏性で遅々として断捨離が進みませんorz
2016/12/17 13:31

東京OLはめんどくさい

衣服に関して、面白い考察です。「たかられる」のも嫌、でも「損な扱いを受ける」のも嫌ということで私の場合はTPOで使い分けています。ものすごい落差ですが、それもまた楽し。でも、日本人の思うドケチレベルはロンドンやパリでは常識の範囲内に感じましたけどね。ゴミは堂々と拾うし、穴が開いても着続けるし、質素倹約が当たり前。休日は公園でぼんやり過ごす。変人扱いされないので気分的に楽でした。東京で会社員なんかしてると無駄に空威張りしなきゃくてSOHO憧れます。
by ももか 2016/12/18(Sun)15:08:41 編集

Re:激しく同感です。

>ありがとうございます。TPOでの使い分けもゲームのようで楽しいですよね、「今日の私は仮の姿」と脳内女優気分に浸ったり、人間の本性も見えたりして。
ゴミ(といってもほぼ新品のような美品)を拾う私は、泥棒とか変質者呼ばわりされたことがあります。
しかし私は大量廃棄する人間のほうが、地球環境に無責任でよほど恥ずべきだと思います。
日本のゴミ焼却炉の数は世界一と聞いたことがあります。
2016/12/18 20:22

無題

2回目です。こんばんわ貴方のブログを見るとなぜか落ち着きます。今年1月に詐欺被害にあい2500万だまし取られました。貴女の様な金融の知識もなく家を買うお金を10ヶ月で失いました。精神科に行く前に警察に四度も書類を届けましたが結局送金先が海外だったので被害届は無理でした。1年経ってやっと少し以前の生活に戻りました。お金は戻らないですからこれから貴女の金銭感覚を見習いお金をできるだけ使わないで豊かに生きたいと思います。貴女のブログで倹約節約がこれからの時代生きるための基本だとわかりました。物は余っていますからね...早く喪失感から立ち上がりたいです。よろしくお願いします。
by 瑞枝 2016/12/21(Wed)23:24:54 編集

Re:無題

>こんばんわ。
過去記事を読んでいただければわかると思いますが、私は詐欺加害者は死刑でいいと思うが、被害者にも同情しません。
詐欺被害に遭うかどうかと金融の知識の有無は関係ありません。一般人でも被害に遭わない者もいれば、金融業界にもAIJやマドフ事件のような詐欺に遭う者がわんさか居ます。
どれだけ自分に都合のいい考えに傾くことなく、冷静かつ慎重かつ客観的に物事を考えられるか、知識がないなら知識を得る努力をしたかにかかっています。
落ち着いたら、騙された時の状況を思い出して分析してください。付け入られた心の隙と欲望は何か、最初の送金に至った判断の理由や根拠、なぜ途中で引き返せずに追加で送金してしまったか等々。失敗と向き合うのは辛く苦しいですが、それを乗り越えないとまた同じ過ちを犯します。「被害金取り戻してあげます」なんて信じて二次被害に遭わないようにしっかりしてください。
2016/12/22 22:00

面白いです!

確かに!超お金持ちの人って紙袋に荷物入れて行動しているとか、
隣のごく庶民的なおじいさんが億単位の資産家だったとか、
資産家と知られるだけで危険な世の中ですから、単に資産を減らしたくなくてドケチなだけの他、敢えてビンボーに見えるよう意識してる人も居そうですね!
これ逆に資産貯めてる途中の庶民もこれで良いような気がします。金かからなくて済みますよね。
ただ、先に書かれてる方もいますが、オフィスとかで働いてると髪の毛プリンとかヨレヨレ服でいると扱いが悪くなる恐れがあったり・・・超金持ちになればそんなことで心折れたりしないんでしょうけど、バランスが難しいですね。
by 堅子 2016/12/28(Wed)00:30:02 編集

Re:ありがとうございます!

>昔テレビで「そこの列全部」と洋服や靴を大人買いしていた整形外科の女医が、その後資産を狙った者に娘を誘拐された事件がとても印象に残っています。
接客業や金融・不動産、士業など、服装がある程度信用を築く仕事なら、見た目も大事なので、おっしゃる通り、バランスですね~。
私は中身空っぽのヴィトンのバッグより札束が詰まったコンビニ袋が欲しいし、
華美なデザインの家具メーカーの本棚より、三段カラーボックスにぎゅうぎゅう詰めの書籍(とその中の知識)が欲しいです。
オフィス勤務しなくて済む超金持ちになりた~い!
2016/12/29 00:47
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
tobuno0
性別:
非公開
自己紹介:
30歳独身OL。親中嫌韓反米無宗教。家が貧乏だったため幸せの沸点が低い。帝都の金融業者に勤務するも貧乏臭さは消えず、引き籠る毎日。が、引き籠ればド田舎でも首都圏でも関係なく貯金できますよ(笑)。




ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[07/03 umajin]
[06/25 Spring]
[06/17 umajin]
[06/12 Spring]
[06/10 umajin]

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ドケチ引き籠りOLの貯金録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]