忍者ブログ

ドケチ引き籠りOLの貯金録

五度FXのロスカットを乗り越え、社会人8年めで個人資産3400万円達成。サイテロ街道を邁進あるのみ。32歳4000万円を目指して今日も明日も明後日もストイックに貯金貯金!!=このブログはリンクフリーですお気に召すままにどうぞ=

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
レジでクレジット払いしようとしたら、
店員に「申し訳ございませんが、クレジット払いの場合は手数料として5%上乗せさせていただいております
と言われたこと、ありませんか?

現金が足りない人は大抵仕方ないとクレカ払いするだろう、が、実はこれはある種のルール違反です。
お店とカード会社の間に取り交わされる契約である「加盟店規約」違反です。

クレカ払いが使えるお店はクレカ決済の際にカード会社に加盟店手数料というものを払います。
お店側としては同じ代金でも手数料が差し引かれる分、クレカ払いは現金払いよりも利益が減ります。
ですからできればお客さんに現金払いしてもらうため、「現金なら○%OFF」とする動機が働く。

しかし手数料で稼ぎたいカード会社はそれを阻止したい。

だから加盟店規約に必ず「クレカ払いと現金払いに差をつけてはいけません」という項目を入れるのだ。
したがってクレカ払いと現金払いで金額が異なるとか、セール時の割引率が異なるとかは、
加盟店規約違反なのだ。

カード会社との契約によって生じた負担を、お客に転嫁しているというだから、
そういうお店はあまり良心的ではないと言えると思う。

レジで『それって加盟店規約違反じゃないの?』と言ってみましょう。

あるいはカード会社に通報しましょう。手数料が帰ってくる場合があります


私はこの情報を知る前に、通っている美容室で1回カード払いした際、手数料を5%上乗せされました。
担当の美容師さんは信頼していましたが、なんとなくモヤモヤしたので、もうお店を変えようと思います。

最近テレビに出るようになった自称「値切リスト」の金子哲雄の
クレカ加盟店に「現金払いするからちょっとまけて」と言う値切り方も、
お店に加盟店規約違反をそそのかす方法で、あまりおススメできません。

しかし、現金払いして欲しいお店側の事情も分かっているつもりです。
個人商店など日々の仕入れのためすぐ現金が必要なお店もあるだろうし、
そもそも同じ金額でもポイント制度があるクレカのほうが既に優位です。

だから私は、ひいきにしているお店には現金払いするようにしている。
1%のポイント捨ててもこのお店には存続して欲しいと思う場合です。

大手のスーパーチェーンには遠慮なくバンバンクレカ払いしますがね。










にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
tobuno0
性別:
女性
趣味:
貯金
自己紹介:
31歳独身OL。親中嫌韓反米無宗教。家が貧乏だったため幸せの沸点が低い。帝都の金融業者に勤務するも貧乏臭さは消えず、引き籠る毎日。が、引き籠ればド田舎でも首都圏でも関係なく貯金できますよ(笑)。




ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/16 t]
[10/15 ゴン]
[09/28 Spring]
[09/27 はち]
[09/27 はち]

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ドケチ引き籠りOLの貯金録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]