忍者ブログ

ドケチ引き籠りOLの貯金録

五度FXのロスカットを乗り越え、社会人8年めで個人資産3400万円達成。サイテロ街道を邁進あるのみ。32歳4000万円を目指して今日も明日も明後日もストイックに貯金貯金!!=このブログはリンクフリーですお気に召すままにどうぞ=

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01

師走ということもあり、リクエストにお応えして、
帰省時の節約法をまとめます。
ただし、そもそも帰省などしなければ一銭もかからない。
自分の親族であっても、人付き合いはなにかとお金がかかるものだ。
切り捨てられないなら出費は覚悟しなければならない。
その前提に立った上で少しでも節約でき、
効率よく人付き合いすることを考えます。

◆お年玉◆
基本あげない。そのためには普段から貧乏アピールをしましょう。
親戚のガキんちょに見栄を張ってどうする?
好かれたところで意味がない。
老後介護してくれるわけでもないし。

お年玉をあげるなら肩たたきや片付けの簡単な名目でもいいから働かせるべし。
教育は親だけでなく周りの大人全員ですべきもの。
お金目当てのタカリを生み出したら本人を含めて皆が不幸になる。

お年玉のポチ袋はガキんちょの好きなキャラを事前にリサーチし、
ネットで画像を集めて加工し、自分で作りましょう。
コンビニのプリンターで1枚50円のカラー印刷をして封筒を作ればいい。
市販のキャラものは大抵一作品で主役ばかりでしかも版権で高い。
妖怪ウォッチの脇キャラ+プリキュアとか

ちなみに年賀状もそんな感じで、来年は申年なので
好きなブロリー(ドラゴンボール)でも印刷して悪友に送ろうと計画中。
販売したら著作権違反になるのであくまで身内だけで楽しみましょう。


◆交通費◆
国内線を使うほど遠い人の役には立てません。
マイレージを効率よく貯める方法は他のサイトで探して下さい。

私は地元が東海地方なので新幹線で帰省します。
新幹線の節約方法は複数あるが、

JR東海のエクスプレス会員になるのはおススメ。
1050円の年会費(初年度無料)で安くのぞみやひかりに乗れ、
年1回往復すれば元が取れる。
発車直前まで予約の変更・取消が可能。

旅行商品扱いのぷらっとこだまも良い。
のぞみよりは時間がかかるし直前の変更や取り消しがきかないが、
安い!繁忙期の値段はやや高いがそれでも安い!!

金券ショップで新幹線の回数券を買うサラリーマンもいるが、
私は使ったことがない。
繁忙期に使えるか、座席の指定はできるかを確認して買うべし。

ネットで誰かと出会うのが普通になった現代ならの方法としては、
同じ方向の車所有者に相乗りさせてもらうのも一つの手だ。
UberやAirbnbは日本では既得権益者ども(タクシー業界と宿泊業界や不動産を活用できない嫉妬まみれのマンション分譲購入者)に法律上では潰されたが、不動産や車を活用して、儲けが出なくても維持費の足し程度の小遣い稼ぎをしたい人は必ず居る。

ただし人的リスク(事故リスクや謝礼の金額・高速代、途中の飲食うんぬん)は自己責任である。

◆季節用品費◆
クリスマスの飾りや正月飾り、しめ縄なんて農家で藁をもらって自作にトライしたら楽しそう。やったことはないが。そういう親子体験教室を以前見たことがある。神社とか。ググるべし。

買うならスーパーやドラストやホームセンター以外に、
金券ショップで割引率が大きい、花とみどりのギフト券を買って花屋で買うこともできる。価格比較は自分でして下さい。
季節感を無視するドケチ(私)はそもそも飾らない。
PCのデスクトップ背景を変えるくらいがせいぜい。

◆飲食費◆
実家に帰ってお正月まったりとなると、
何故か皆で外食という流れになったりする。
当然お会計で出費が発生し、誰が出すということになりかねない。
よって家で食べるように持っていかなくてはならない。

「久しぶりにお母さんの○○が食べたいなwww」
とか言っていつもの家庭料理になるように仕向けるのが一番。

いつもの家庭料理が気にくわない父親や親戚対策なら、
クックパッドなどで、手間暇がかかる凝ったレシピを見つけてご家族と一緒に台所に立ちましょう。
鶏肉や豚肉のような安い食材でも、調味料や調理方法をちょっと変えればガラリと変わるものだ。
冷凍庫も大掃除と称して、家にある食材を使い切るつもりでやると新たな出費も節約できる。
仕込みに手間がかかるものならガキんちょをうまく使いましょう。
役割分担や時間管理の采配スキルは職場でも必要なので練習だと思えばいい。

◆お土産費◆
帰省時の手土産や職場へのお土産。
そもそも帰省しなければ発生しない出費で、
職場には実家に帰らなかったことにすればいい。
両親が夫婦水入らずの旅行に行ったとかなんとか言って。
裏付けをとる人なんかまずいない。

また、職場の人にもらった物を地元の友人に贈ったり、
地元の友人にもらった物を職場の人に贈ったりしている。
非消費ドケチの自分より友人や同僚の方が贈り物チョイスのセンスはいいし、
正直なところ好みじゃない物や要らない物は多くある。
もらった時点で気持ちは受け取ったので好き勝手に処分しましょう。

お土産を買う場合は、日常の買い物の延長上の節約術を使う。
ポイント還元率が一番高いクレカを使うのは基本。
私のクレカはポイント還元率1%程度のものしかないので、
金券ショップで商品券を買ってデパートで買うことが多い。
VISAギフトカードは額面1000円が985円で売られていることが多く
(お歳暮やお中元シーズン、バーゲンシーズンは値上がりする)
それを現金で買って1.5%節約している。
1.5%は小さいように思われる人もいるだろうが、
年利1.5%を確実にたたき出す金融商品さえ限られているし、
買った瞬間1.5%膨らむ金融商品なんぞ他にはない。
クレカは発行企業によっては地方の店舗で使えなかったりすることもあるが、VISAギフトカードなら地方の店舗でも使えるところが多く重宝している。
クレカ系列のギフトカードはJCBとかNICOSとかもあるが、
そこはお好みで。まあチリツモである。


以上とりあえず思いつくまま書きなぐったが、


切り捨てる、無しで済ます。

自分でやれること・作れるものは自力でやる・作る

知人友人の力を借りる、もしくは代替の物事を考える

買うしかない場合は安く買う方法をとことん研究してから買う。

これが私のすべての節約の基本的なプロセスである。
次善の策を常に考える。
日頃からドケチアンテナを高くすることが大事。









にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
PR

独学でTOEIC930点を取った経緯を振り返ります。

tobuno0のTOEIC受験は合計7回
第一期 大学時代、就活で履歴書に書くため。810点と835点
第二期 会社で受けさせられた。やる気ゼロで二回とも760
第三期 当ブログきっかけで挑戦。それなりにがんばる850点⇒800点⇒930点(完)

第三期の勉強方法をメインに振り返ります。

◆参考書
第一期(JD時代)に購入したもの、
①3000語程度のTOEIC単語帳
ページが多く試験が終わった今も制覇できていない。
気にしない気にしない。

②part5の問題集
ひたすら練習するのに適している。

③3回分ある模試本
公式問題集は高いので語学本をよく出す出版社のもの。
模試一回分当たり約600円とお手頃なもの。

以上大学時代から持っていた3冊に加えて、今回追加したのは、
④安河内の文法本(旺文社)
マンションのゴミ捨て場で拾った。しかも資源ゴミじゃなく燃えるごみのところに捨てられていたため救出
毎日通勤時間に3、4項目ずつやって文法項目を一通り確認。

⑤730点攻略本
同じく拾ったTOEIC対策参考書(書き込みあるけど気にしない)
「730点攻略」とのタイトルだけど、750点下回ったことがない私にとっても十分勉強になった。

⑥模試3回分
とにかく模試をやろうと思っていたため、たまたまBOOKOFFで105円コーナーにあったものを購入(CD未開封!)
模試は出題者によって偏りがあるので、③とは異なる出版社を選びました。

④、⑤は通勤時間やスキマ時間に勉強し、
②、③、⑥は自宅にいるときに時間を測って取り組みました。

以下は参考書以外にやったこと

◆目標のレベルの勉強法を真似する
ブログで個人が情報発信する時代です。「○○点目指す」として達成までの試行錯誤を丁寧に書いているサイトも多々あります。それらに載っている勉強方法を真似できることから真似します。
私は900点を目指していたので、「TOEIC 900点」で検索しました。
世の中には「私はこうやって○○点取りました」みたいなタイトルの勉強法本がありますが、
著者一人の体験談より、ネット上の多くの体験談を多読したほうがメリットが大きいと思います。

模試をやる
私が「TOEIC 900点」で検索したところこんなサイトに辿りつきました。
主は模試15回を推奨してまして、私も最低③と⑥の模試6回はやろうと思っていましたが、
忙しいやらサボりやらで結局4回しかできなかった。ネット上で回答用紙もあるので、本番さながらに鉛筆でマークシート塗りつつ時間を計ってやりました。
まとまった時間は取れないので、リスニング45分とリーディング75分で別の日に分けました。2時間通してやれたのは一回だけでした。
また自宅模試ではいつも時間オーバーしてしまい、最短3分~最長35分オーバーしてしまいましたが気にせず最後まで解きました。本番では集中力と緊張感が増したのか5分ほどあまり、part5の見直しして2問ほど訂正できた。

◆ネット上の無料問題をやる
「TOEIC 練習問題 無料」と検索すればいろんなサイトが出てきます。
ドケチたるもの、もちろん無料で使えるものは使い倒す。
私はアルクのサイトのTOEIC対策コーナーにある問題をほぼ毎日やりました。10分もかかりません。

◆ケータイをフル活用
問題練習にカウントダウンタイマー、
模試には時間指定のアラーム、
通勤中はメモした単語を見ながら携帯に入っている英和辞書で確認。
ガラケーで十分でした。

リスニング2倍速で聞く。
SONYウォークマンを使っています。
 昔の記事にも書きましたけど、iPodにはなくSONYウォークマンにはある素晴らしい機能としてスピードコントロールがあります。
しかも流石はSONY、速度変えても音質は保たれたまま。
TOEIC試験前1週間程度は2倍速で英語を聞いておりました。
2倍速に耳が慣れると本番では比較的落ち着いてpart3,4に対応できるようになります。
これはとても効果的でした。
ただし、必ず通常スピードで内容を把握してからにして下さい。
いきなり2倍速で聴いてもチンプンカンプンで自信を失います。
SONYにはぜひ4倍速までのウォークマンを出して欲しい!

◆資源を使い切る
ドケチたるもの、単語をメモするのはレシートの裏(覚えるまで捨てない)
単語書き取りは1本のボールペンを集中的に使った。インクを使い切ったら不思議な達成感を味わった。
マークシート塗り練習で使った鉛筆は削って4cmになったのが可愛らしい。
モノが減るし妙な達成感


◆余談
「案外できた!」ということが一つの自信となりました。
きっかけを東大路さん、応援して下さった皆様ありがとうございました。

次の目標:「年内にゴミ屋敷のような自宅を綺麗にする!」












にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
tobuno0
性別:
女性
趣味:
貯金
自己紹介:
31歳独身OL。親中嫌韓反米無宗教。家が貧乏だったため幸せの沸点が低い。帝都の金融業者に勤務するも貧乏臭さは消えず、引き籠る毎日。が、引き籠ればド田舎でも首都圏でも関係なく貯金できますよ(笑)。




ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[12/04 ももか]
[12/01 柚]
[11/30 柚]
[11/20 とみー]
[11/02 ゆな]

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ドケチ引き籠りOLの貯金録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]